ネッツトヨタ三重

Netz the Creative
ネッツトヨタ三重

松裏薫茂

お客さまに全力宣言!

スクロール
松本祐輔
YUSUKE MATSUMOTO
採用担当
[2000年度入社]

松裏薫茂

松本祐輔
YUSUKE MATSUMOTO
採用担当
[2000年度入社]

人が輝く環境づくり

人の思い出に残る仕事
大学2年の時、初めて自分で購入した中古のAE101トレノ。納車日の緊張と興奮は、今でも覚えています。その時の営業担当は、同年代ぐらいの若い男性。年齢は変わらないはずなのに、動きにそつがなくトークも流暢。満点の対応をしてくれた担当者に敬意と憧れを抱きながら、初のマイカーライフを気持ちよくスタートできました。
就職活動を始める際、頭に浮かんだのは、この時のこと。新しいカーライフの始まりという誰にとっても特別な時に、キッチリ自分の仕事をこなすことで、お客さまの思い出に残ることができる…。そんな醍醐味に気づき、この業界を志望しました。

離職率ゼロをめざして
今の私の仕事は、未来を担う人材を確保することと、その人材が活躍する場を整えることです。そのため今ネッツトヨタ三重では、新入社員の育成に先輩社員がマンツーマンであたる「ビッグブラザー制度」や、営業・サービス・総務など業種の垣根なくチームを組み改善施策を考える「明日のネッツを考える会」、未来のサービスエンジニアを育む奨学金制度など、職場カイゼンの施策を数多く進めています。目標は大きく、離職率ゼロ!
おかげさまで、近年のネッツトヨタ三重の離職率は、同業他社に比べて低い数値を示しています。

仲間がいるという強み
就活中は数多くの自動車販売店を巡りました。「営業は使い捨てのコマ」という現場も散見される中、ネッツトヨタ三重は、当時から雰囲気の良さで抜けていましたね。2回の会社説明会、特別に新入社員研修にも参加したのですが、どのシーンでも同期をはじめ社員同士の「チームワークの良さ」を感じ、気持ちが高まったのを覚えています。
もちろん、営業として入社して挫折がなかったわけがありません。でもそんな時も、相談できる仲間がいて、実際に話し合える社風、文化があることに、いかに救われ、成長させられたかを身をもって経験してきました。総務として採用に携わるようになった今、ここでの仕事の魅力を学生たちに伝えることが使命の1つになっています。

熱意があれば、
人も環境も輝く!

prev

next

  • 浦野夕矢
  • 赤堀奈々
  • 松裏薫茂
  • 鈴木大矢
  • 松本祐輔
  • 浦野夕矢
  • 赤堀奈々
  • 松裏薫茂
  • 鈴木大矢
  • 松本祐輔

あしたに全力宣言!

営業日

facebook