営業日カレンダー

9月の営業日

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  1. 休店日
  2. 営業時間 09:30~19:00(サービス受付時間 09:30~17:30)

ちょうどいいサイズ スモールカー特集

ちょうどいいサイズ スモールカー特集

Point01用途・ニーズ別おすすめ比較

ヤリスはガソリン車も選べるため、お財布に優しい価格設定になってます。
ルーミーは軽自動車を除けばスライドドア付の車の中でもっとも価格設定が低いです。
また、お支払いは残価設定型プランを利用することで毎月の支払い負担を軽減することも可能です。

アクア、ヤリスのハイブリッド車はどちらもトヨタ車を代表する低燃費車です。
最小回転半径も近いため、どちらか迷った際は、見た目の好みや乗り味の違いで比較することをオススメします。

ヤリスとライズはどちらもカラーバリエーションが多いため、好みのスタイルを選びやすいです。
またスポーツタイプやレジャータイプのカスタムパーツも豊富のため、人とは違った個性を楽しみたい方にオススメです。

どちらもラゲージスペースが充実しているため、レジャー利用には最適です。
用途に応じてスライドドア付がいいか、SUVタイプがいいかで比較検討することができます。

  • ROOMYルーミー

    ルーミー

    デッキボードを跳ね上げ、フックをリヤヘッドレストに固定すれば、高さのある荷物の積載が可能。リヤシートをダイブインさせてボード裏面にある防汚シートを展開すると、室内を汚すことなく積み込めて便利です。

    ルーミー

    スライドドアを簡単に開ける機能がついているので、両手がふさがっているときでも安心。乗り降り、施錠・解錠が簡単・便利だからお出かけも笑顔に。

  • RAIZEライズ

    ライズ

    荷室幅と荷室高に十分なゆとりを確保したラゲージスペースで、後席乗車時でも荷物をたっぷり積み込むことができます。普段の買い物から旅行の大きな荷物なども余裕をもって積み込めます。

    ライズ

    リヤシートを両側とも倒せばほぼフラットな積載スペースが広がり、片側だけ倒せば長尺物の荷物を積載可能。積荷に合わせて変えられる、自由な空間です。

Point02スモールカーおすすめポイント

アクア・ルーミー・ヤリス・ライズの各おすすめポイントをご紹介

TNGA*コンパクトパッケージ

「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトに、運転のしやすさ、操縦安定感などをコンパクトボディに凝縮。低重心で高い剛性を持つボディを採用し、フットワークの良い走りを追求しました。さらにフロント&リヤのサスペンションによって意のままの走り、クラスを超えた乗り心地を実現しています。

*.TNGA:Toyota New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グロー バル・アーキテクチャー)

先進的なデザインで見やすく、操作しやすい

インパネ中央部の大型かつ高精細な10.5インチディスプレイオー ディオが、インテリアデザインの先進性を演出。
シフトポジションを電動で制御するエレクトロシフトマチックは、スマートなシフト操作を実現します。

ハイブリッドの走りを革新する、新感覚のドライビングフィール

1.5Lハイブリッドシステムと1.5Lダイナミックフォースエンジンで圧倒的な低燃費と力強い走りを両立。
電気系・機械系損失を大幅に低減し、ハイブリッド世界トップレベル*の低燃費を実現。また、システム出力を向上し、アクセル操作に対するレスポンスを高めることで、クルマを意のままにコントロールでき、いつまでも走っていたくなるような気持ち良い走りを両立させました。

*.2021年7月現在。ガソリン乗用車コンパクトクラス。トヨタ自動車(株)調べ。

スイッチを押すだけで駐車操作をアシスト

トヨタ チームメイト*1[アドバンスト パーク(パノラミックビューモニター〈シースルービュー機能〉付)]【トヨタコンパクトカー初*2*3*4
駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パークスイッチを押して駐車位置*5を確認。その後、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます。

*1.“トヨタ チームメイト”は、将来の自動運転へとつながる新たな先進技術の総称です。*2.トヨタのコンパクトカーで初めてシフト操作も制御。2021年7月現在。*3.全車にメーカーオプション。*4.写真は作動イメージです。*5.駐車スペースが複数ある場合は変更可能。

コンパクトなのに居心地バツグンの広さ

コンパクトなのに居心地バツグンの広さ。自由自在に、模様替えできるからやれることがグンと広がる。
さぁ、今日はどこ行く?どんな間取りにする?

ペダルを踏み間違えた時に急発進を抑制

ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)/コーナーセンサー(フロント2個/リヤ2個)*1*2
約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザー音とディスプレイ表示で警告。さらに、障害物に衝突する可能性があるとシステムが判断するとブレーキ制御が作動します。

*1.表示例(点灯)はTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ装着車の場合。Xはメーター内表示となり、その他のグレードはメーター内表示とディスプレイ表示となります。*2.XはLCDマルチインフォメーションディスプレイにも表示(点滅)されます。

大荷物でも安心。近づくと開くスライドドア

ウェルカムパワースライドドア(運転席・助手席側)
降車時にインパネのスイッチで左右どちらかのドアオープンを予約し、フロントドアハンドルのリクエストスイッチを押してドアロックすれば設定が完了。乗車時に電子カードキーを持って予約側からクルマに近づくだけで全ドアが解錠され、パワースライドドアが自動でオープンします。両手がふさがっていても、スムーズに車内へアクセスできます。

*.■オープン予約の有効時間は初期設定で3時間です。18時間に設定変更が可能です。■室外検知エリアは、ドアの解錠:左右ドアミラーから半径1.5m以内、ドアのオープン:左右ドアミラーから半径1.0m以内となります。■オープン機能は予約した側のドアにのみ有効です。■オープン機能を使用する場合には、ドアから2m以上離れた位置で周囲の安全を確かめたうえで車両に近づいてください。■Xを除く全車に標準装備。

広々ラゲージスペースはお掃除もカンタン

幅広いバックドア開口部と低い荷室フロア高で、重い荷物もラクに積み降ろしができます。

*.多機能デッキボードから地上までの高さは608mm。

日常を躍動させるアクティブなスタイリング

エクステリアは、ムダをそぎ落とした凝縮フォルム、ボディ中心から前後タイヤへと向かう引き締まった造形。全身でアクティブな走りを予感させるデザインです。

新たに交差点での検知にも対応し、ぶつからないをサポート

ブプリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

優れた低燃費と爽快な走り

電気系・機械系損失を大幅に低減し、ハイブリッド世界トップレベルの低燃費を実現。また、システム出力向上とアクセル操作に対するレスポンスを向上することで、クルマを意のままにコントロールでき、いつまでも走っていたくなるような気持ち良い走りを両立させました。

*.2021年5月現在。ガソリン乗用車コンパクトクラス。トヨタ自動車㈱調べ。

室内を快適な空気環境へ

「ナノイー X」は、「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオンです。
運転席側のエアコン吹き出し口から室内へ放出され、車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」がさらに進化しました。

エクステリアデザイン

コンパクトサイズを感じさせない、迫力のある堂々としたシルエットと存在感。

大径タイヤなのに、なかなかの小回り

ワンクラス上の大きなタイヤで、力強いスタイルを叶えながら、小回りがきく、優れた取り回しを実現しています。

コンパクトSUVクラストップレベル*1の大容量

荷室容量は369L*2とコンパクトSUVながら大容量のスペースを確保。普段の買い物から旅行の大きな荷物なども余裕をもって積み込めます。

*1.2019年11月現在、トヨタ自動車(株)調べ。*2.荷室容量はデッキボード下段時のVDA法による社内測定値。デッキボード上段時の荷室容量は303Lとなります。

実用的で使い勝手のいいシートアレンジ

リヤシートを両側とも倒せばほぼフラットな積載スペースが広がり、片側だけ倒せば長尺物の荷物を積載可能。積荷に合わせて変えられる、自由な空間です。

Point03スモールカースペック比較一覧

アクア・ルーミー・ヤリス・ライズのスペック比較をご紹介

AQUA

価格帯

1,980,000円(税込)
~2,598,000円(税込)

WLTCモード

30.0km/L~35.8km/L

最小回転半径

4.9m~

踏み間違い時
サポートブレーキ

パーキングサポートブレーキ
(前後方静止物)

予防安全機能

Toyota Safety Sense

ROOMY

価格帯

1,556,500円(税込)
~2,090,000円(税込)

WLTCモード

16.8km/L~18.4km/L

最小回転半径

4.6m~

踏み間違い時
サポートブレーキ

ブレーキ制御付誤発進抑制機能
(前方・後方)

予防安全機能

スマートアシスト

YARIS

価格帯

1,395,000円(税込)
~2,522,000円(税込)

WLTCモード

19.2km/L~36.0km/L

最小回転半径

4.8m~

踏み間違い時
サポートブレーキ

パーキングサポートブレーキ
(前後方静止物)

予防安全機能

Toyota Safety Sense

RAIZE

価格帯

1,679,000円(税込)
~2,282,200円(税込)

  • JC08モード

    21.2km/L
    ~23.4km/L

  • WLTCモード

    17.4km/L
    ~18.6km/L

最小回転半径

4.9m~

踏み間違い時
サポートブレーキ

ブレーキ制御付誤発進抑制機能
(前方・後方)

予防安全機能

スマートアシスト

scroll
車種 価格帯 燃費 最小回転半径 踏み間違い時
サポートブレーキ
予防安全機能
AQUA

1,980,000円(税込)
~2,598,000円(税込)

WLTCモード

30.0km/L~35.8km/L

4.9m~

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)

Toyota Safety Sense

ROOMY

1,556,500円(税込)
~2,090,000円(税込)

WLTCモード

16.8km/L~18.4km/L

4.6m~

ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)

スマートアシスト

YARIS

1,395,000円(税込)
~2,522,000円(税込)

WLTCモード

19.2km/L~36.0km/L

4.8m~

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)

Toyota Safety Sense

RAIZE

1,679,000円(税込)
~2,282,200円(税込)

JC08モード

21.2km/L~23.4km/L

WLTCモード

17.4km/L~18.6km/L

4.9m~

ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)

スマートアシスト

*燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード・WLTCモード・重量車モード](国土交通省審査値)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。*WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行 モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。

FOLLOW US Netz TOYOTA MIEネッツトヨタ三重はソーシャルを活用した情報を発信しています。
みなさまにより良い情報をお届けしていきますので応援お願いいたします。

×スモールカー試乗キャンペーンの詳細はこちら
×スモールカー試乗キャンペーンの詳細はこちら