営業日カレンダー

11月の営業日

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  1. 休店日
  2. 営業時間 9:30~19:00(サービス受付時間 9:30~17:30)

SAFETYトヨタの安心安全機能

TOYOTA SAFETY TECHNOLOGY 交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、トヨタができること

さまざまな予防安全機能で、万一の事故の危険回避をサポートするだけでなく、
ドライバー自身がいち早く危険に気づき、自ら危険な状況を避けられる。
そんなふうに「技術と人」がつながって、交通事故を減らしたい。それがトヨタの想いです。

たとえば「Toyota Safety Sense※1」と「踏み間違い時サポートブレーキ」を搭載したプリウスは、追突事故を約9割低※2。さらに、「Toyota Safety Sense※1」に新たな機能も登場し、より多様なシーンでドライバーの安全運転をサポートすることができるようになりました。

交通事故死傷者ゼロ社会という究極の願いを目指し、トヨタのサポカーは、次のステージへと向かいます。

■ 予防安全機能は、ドライバーの安全運転を前提とした機能であり、事故の回避や万が一の被害の軽減を目的としています。各機能には限界がありますので、データを過信せず、安全運転を心がけてください。※1.装備内容は、プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)。※2.プリウスを対象としたToyota Safety Sense※1とインテリジェントクリアランスソナー搭載車(約12万1000台)と非搭載車による比較。2015年12月~2016年12月の間の追突事故発生率(件/万台・年)について、公益財団法人交通事故総合分析センター(ITARDA)による事故データを基にトヨタ自動車(株)が独自算出。

多様なシーンで、予防安全を。Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)

衝突の回避や被害の軽減をサポートし、ドライバーのうっかりミスや疲れをカバーして、事故を未然に防ぐ。
より多様なシーンでのリスクに応えるため、進化を続ける予防安全パッケージ。
それが「Toyota Safety Sense」です。

被害軽減(自動)ブレーキプリクラッシュセーフティ
ハンドル操作サポートレーントレーシングアシスト
追従ドライブ支援機能レーダークルーズコントロール
自動ハイビームオートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム
標識読み取りディスプレイロードサインアシスト

※歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ
※車種により設定される機能が異なります。

踏み間違えたとき、ぶつからないよう自動でブレーキ。踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)

「踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)」は、センサーで前と後ろをしっかり感知。
間違えてアクセルを踏んだときも、障害物をいち早く察知し、自動でブレーキをかけます。

クルマや歩行者を検知して安全運転をサポート。衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)

クルマの周囲を認識し、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図る「スマートアシスト」がさらに進化しました。ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない小型のステレオカメラを搭載。歩行者や先行車、対向車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、ドライバーへの注意喚起や緊急ブレーキ、ハイ&ロービームの切り替えなどで安全運転を支援します。

24時間365日、つながっている。トヨタのコネクティッドサービス

クルマと「トヨタスマートセンター」が通信でつながることで、安心・安全、快適・便利なサービスをご提供する、トヨタのサービスです。

SPECIAL CONTENTSネッツトヨタ三重の新車スペシャルコンテンツ

  • RAV4
  • prius
  • sienta
  • vellfire
  • camry
  • voxy
  • C-HR

FOLLOW US Netz TOYOTA MIEネッツトヨタ三重はソーシャルを活用した情報を発信しています。
みなさまにより良い情報をお届けしていきますので応援お願いいたします。