営業日カレンダー

3月の営業日

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  1. 休店日
  2. 営業時間 9:30~19:00(サービス受付時間 9:30~17:30)
NETZ TOYOTA MIE CAR LIFE INFO カーライフお役立ち情報

最近車の調子が悪い。次の車検まで持たないかも?

img1.jpg

車の買い替えのタイミングは人それぞれですが、お気に入りの車であるほどなるべく長く乗り続けたいものです。
とはいえ、長く乗るほど車には不具合が起こりやすくなるのも事実です。
修理すれば乗り続けられても、買い替える方がお得になることもあります。
車の寿命や買い替えのベストなタイミングはどのように決まるのでしょうか。

車の乗り換え・買い替えを検討する時期とは

一般的に、特に不具合なく車が正常に走ることのできる走行距離の目安として、普通車が10万km、軽自動車が8万kmとされています。
車の寿命は、一般的に走行距離が10〜15万kmに達するころとされていますが、このぐらいの距離を走るとエンジンにトラブルが起こりやすくなるからです。
そのため、トラブルなく走れる距離と考えると、10万kmと8万kmが目安になってくるというわけです。

10万kmと8万kmという走行距離は、消耗品の交換以外では特別にメンテナンスを行わずに走り続けた場合です。
定期的にメンテナンスして、エンジンを含め調子の悪い部品を適宜修理・交換しながら乗り続けるなら、20万kmぐらいは問題なく走行できるでしょう。
しかし、メンテナンスや部品交換には当然ながらお金がかかりますし、エンジンに不具合をきたした場合はかなり高額な修理費用となってしまいます。
そのため、寿命が尽きるまで乗り続けるより、ある程度余力を残した段階で乗り換える方が経済的という場合もあります。
多くの人が走行距離10万kmを車の買い替えの目安としているのは、こういう事情があるからです。

消耗部品についてはこちら

乗り換え・買い替えに迷った時は一度ご相談を

定期的にメンテナンスを行い、丁寧に乗ることで、車は一般的に言われているよりもかなり長く乗り続けることが可能です。
しかし、上記の理由から、走行距離10万kmを超えた車の場合、買取価格が急激に下がってしまいます。
お気に入りの車なら乗り潰すまで乗り続けるのもありですが、そうでないなら「まだ乗り続けられるかな?」という辺りで買い替えを検討してみてもよいでしょう。
どうするのがベストかお悩みの場合は、一度ネッツトヨタ三重のスタッフまでご相談ください。

FOLLOW US Netz TOYOTA MIEネッツトヨタ三重はソーシャルを活用した情報を発信しています。
みなさまにより良い情報をお届けしていきますので応援お願いいたします。